MEDIA CONTENTS メディアコンテンツ

17 / August 2016

ひらのゆかりの「涼ライドのすすめ!」

暑い日でも 「涼」 を感じられるライドの工夫

皆さん、こんにちは!
随分と暑い日が続きますが、熱中症などにはくれぐれもお気を付けて自転車遊びを楽しんでくださいね。

私は先週、長野県へ自転車イベントのお仕事で行って参りました!


いつも生活している大阪とは違い、やはり涼しかったです。特に夜は気温が22度前後でした。昼間は30度から32度くらいですが、陰に入ると冷たい風が心地よく感じられました。ドラえもんに出てくる〝どこでもドアー〟が家にあって、玄関を出たらすぐに避暑地のような素敵な場所に行けたらいいのにな~って思いますが、そんなことは夢物語・・・暑い中でも、いや、暑いからこそ工夫を凝らして、「涼を感じられる」ライドを楽しみたいですね。

私は、暑い季節になると走るコースを〝山のポタリング〟に設定することが多いです。山の中に入ると木が生い茂り、影が多くなるので比較的夏でも「涼」を感じられるかもしれません。


自転車乗りの皆さんはついつい頑張りすぎてしまうので、無理をせず、こまめに水分と塩分を摂りながら、仲間と一緒に、かつマイペースで楽しむのがいいと思います。


またオススメのコースは、川の近くやダムなどの水辺近く。水の流れを見ているだけでも体感温度が下がります。ダムに行くと「ダムカード」をもらえる所があるので、夏はそのダムカードを集めちゃうもの面白いと思いますよ。ちなみにダムは冬場だと路面が凍っていたり、むちゃくちゃ寒かったりするので、やはり夏がオススメです!


自転車に乗るとお腹が空きますよね!
せっかくなので補給食で済ませてしまうのではなく、ここでも一工夫です。お蕎麦や、おそうめん、冷たいおうどんやアイスクリームにカキ氷など、今の季節だからこそ美味しく食べられるグルメ探しはいかがでしょうか。信州は水がきれいでお蕎麦がとってもおいしかったです!


そしてデザートもかかせません♡♡♡
でも美味しいからといって、体力消耗時の冷たい食べ物はお腹を壊す事もあるので、食べ過ぎには注意ですよ!


また走行中は、アームカバーやタイツを水で濡らして走ると風が当たって涼しいですよ。身体が暑くなりすぎたら、首や脇など大動脈が通っている場所に氷や凍らしたドリンクを当てると身体を冷やすのに効果的ですね。


熱中症にならないよう、喉が渇ききる前にこまめに水分補給することを心がけ、しっかり休憩を取りながら、この季節ならではのライドをお楽しみください♪

そして、ライドの際は是非安心のパナレーサーのタイヤをお使いくださいね!

(平野さんはRACE A EVO3 700×23Cをメインで使用)
 
平野由香里さんが公式ホームページを開設しました!
         ↓↓↓
平野由香里 公式ホームページはコチラ!

PREV

メディアコンテンツ一覧

NEXT