MEDIA CONTENTS メディアコンテンツ

28 / APRIL 2016

≪サポート情報≫ Live GARDEN Bici Stelle(ライブガーデンビチステンレ)

≪大会レポート≫
● 大会名:JBCF 群馬CSCロードレース Day-1
● 開催日:2016年4月23日(土)
● 開催地:群馬サイクルスポーツセンター
● クラス:Jフェミニンクラス
● 距離 :30km(6km×5周)
● 出走 :33名エントリー内30名出走・25名完走
● 結果 :1位 吉川美穂(Live GARDEN Bici Stelle)  50:58
      2位 唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)  +00:01
      3位 樫木祥子(Neilpryde-NanshinSubaruCycling)  +00:05
      8位 針谷千紗子(LiveGARDENBici Stelle)  +02:54
     12位 伊藤杏菜(Live GARDEN Bici Stelle)  +05:12

岬クリテリウム以来、三人が揃うレース。群馬サイクルスポーツセンターのコースは登りもある為、 最後には人数が絞られると予想。唐見選手、金子選手をマークし、タイミングを見計らって自分達からアタックをしかけ独走を狙う。今回は金子選手がDNS(未出走)という事で、唐見選手を主に、合田選手もマーク。リアルスタート直後から主に唐見選手、福本選手、針谷、吉川が回し、良いペースでレースが進む。周回を重ね、登りに入る度に選手が脱落していき、3周目の中盤で合田選手が単独で抜け出す形に。

そのまま逃げようとする姿勢を見せたものの、登り口手前でキャッチし、そのまま集団はペースを上げ登りに入ると合田選手や他の選手が脱落。針谷もここの頂上付近で遅れてしまう。先頭集団には6名吉川、唐見選手、樫木選手、福本選手、西村選手、伊藤圭菜子選手が残るが4周目の登りでも2選手が脱落。吉川、唐見選手、樫木選手、西村選手の4名で最終周回に突入。最後の登りで吉川、唐見選手の二人になり、 ゴールスプリントで吉川が先着し1日目を優勝で飾った。

≪大会レポート≫
● 大会名:JBCF 群馬CSCロードレース Day-2
● 開催日:2016年4月24日(日)
● 開催地:群馬サイクルスポーツセンター
● クラス:Jフェミニンクラス
● 距離 :36km(6km×6周)
● 出走 :36名エントリー内32名出走・15名完走
● 結果 :1位 吉川美穂(Live GARDEN Bici Stelle)  50:58
      2位 唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)  +00:04
      3位 針谷千紗子(LiveGARDENBici Stelle)  +01:12
     15位 伊藤杏菜(Live GARDEN Bici Stelle)  +04:57

前日の合田選手の走りから、マークを唐見選手一本に絞る。2日目はリアルスタートから吉川、唐見選手を中心に回し一周回目の心臓破りの坂で吉川、唐見選手、福本選手が先行する。程なくしてホームストレートで針谷含む小集団が3人をキャッチし2周回目に入る。その後、針谷が単独で抜け出し1人で先行。しかしその逃げは決まらず、 2回目の心臓破りの坂で集団に追いつかれ、カウンターで唐見選手がアタック。 それに吉川が反応し、 2名の逃げが決まる。唐見選手と吉川は協調し、15秒、25秒、30秒と徐々に追走集団とのタイム差が広がる。

4周回目に針谷と福本選手が2人で抜け出し先頭から約30秒前後のタイム差を保ち追走する場面もあったが、 5周回目に入ると先頭との差が1分に広がり、集団に吸収される。先頭の唐見選手、 吉川がそのままゴールまで逃げ切り、 ゴールスプリントを吉川が制した。後方は7名でのスプリントとなり、 それを針谷が制し3位となった。伊藤は15位と完走を果たした。今回のレースは予想以上に登りで人数が絞られ、 タフなレースだった。

全日本選手権ロードレースまで残り二ヶ月程となり、各々体調には十分気をつけ、引き続きトレーニングを積んでいきたいと思います。

今後の予定
4/26〜5/3 中距離合宿(JISS.伊豆ベロドローム) 吉川
5/9〜14 中国遠征zhoushan island(uci2.2) 吉川
5/14 JBCF鴨川タイムトライアル 針谷・伊藤
5/15 JBCF鴨川クリテリウム 針谷・伊藤
応援、よろしくお願い致します!

PREV

メディアコンテンツ一覧

NEXT